2010/11/14 「かまどプロジェクトin寺田池」

  曇り空ではありましたが心地よい風が吹き抜ける秋の一日、参加者の方々は「た め池」の、「農」のめぐみへの感謝をそれぞれ感じてくれたのではないでしょうか。

一覧に戻る

 「寺田池」を舞台に、県立農業高校の生徒がつくった「お米」を、兵庫大学の学生が洗米し、参加者皆でかまどごはんを炊きあげました。
当日は、県立農業高校より12名、兵庫大学より24名、地元寺田池協議会より15名の参加がありました。

「かまどプロジェクトin寺田池」


 寺田池の水を利用し収穫した「お米」を「かまど」を使って炊きあげ、参加者で食し、「ため池」・「水」のめぐみやそれから得られる「農」のめぐみを味わう「かまどプロジェクトin寺田池」を開催しました。

  ごはんが炊きあがる頃には「中之島」はごはんを求める人でいっぱいになり、2回 の炊飯計240食はあっという間に参加者のお腹の中に入りました。
  参加者は、あったかご飯に明石のノリや水産の加工品など、自分の好きなものを 自由にのせて食べていました。