前の文書へ 寺田池の水質と動植物 次の文章へ
その他の寺田池の魅力

寺田池の水質
  栄養分が多すぎるため池(アルカリ性ph10程度)ではアオコが発生し、水草が生えにくい。
  寺田池は水質が中栄養に保たれており、水草が生育しやすい環境にある
   (27.7℃、ph6.8、透視度30cm)

 ●COD:化学的酸素消費量
   水中にどれだけ酸素を消費する物質が含まれているかを表すもの。どれくらい水が汚れているかが分かる。
   5~20ppm(他の池と比べると低いが、目標は10ppm以下)
   夏よりも冬の方が低い(水温とプランクトンの関係か)
 ●Ph:水素イオン濃度
   7が中性、7より低いと酸性、高いとアルカリ性
   植物の多いところは中性に近い、夏場にかけてアルカリ性に傾く、冬場に近づくと中性になる。
 ●リン酸イオン
   肥料などの窒素栄養分が水に入るとリン酸値が高くなる。濃度が高くなると水が富栄養化する。
   どの場所も、0.1ppm以下の低い値。寺田池の水は富栄養化した水ではない。(中栄養~貧栄養)
 ●アンモニウム
   アンモニア性窒素を調べるのに使う。値が高いと生活排水、農業用水が流れ込んでいるといえる。
   どの場所でも値が1.5ppmを超えておらず比較的きれい。(0.5ppm以下)
 ●透視度
   水の透明度を調べるのに使う。値が高いほど透明。
   夏が最もにごっており、冬と春は比較的透明度が高い。(25~30cm)

土手植物
  カタバミ、ブタクサ、セイタカアワダチソウ、メドハギ、ススキ、ノアズキ、ヘクソカズラ、ヤハズソウ、
  アメリカセンダング サ、エノコログサ、アオツヅラフジ、オヒシバ、メヒシバ、ツクシハギ、チガヤ、ヨメナ、クズ、
  コセンダングサ、カワラマツバ、ナワシロイチゴ、ニオイタデ(貴重種)

水生植物
 (抽水)
   ハス、フトイ、マコモ、キシュウスズメニヒエ、ヨシ、
 (浮葉植物)
   ガガブタ、ヒシ、オニビシ、ホソバミズヒキモ、スベリヒユ、ヤブガラシ、アケビ、アカメガシワ
 (沈水)
   クロモ、セキショウモ(要注意種)、オオトリゲモ、センニンモ、マツモ、ミズオオバコ
 (浮遊)
   アオウキクサ、マツモ、イヌタヌキモ

水生動物
 (魚類)
   ブルーギル、ブラックバス、モツゴ、コイ、フナ、ヘラブナ
 (貝類)
   ヒメタニシ、モノアラガイ
 (昆虫)
   コシアキトンボ、コフキトンボ、ナツアカネ、ウチワヤンマ、チョウトンボ、クロイトトンボ、アオモンイトトンボ、
   タイワンウチワヤンマ、オオヤマトンボ

景観要素
  ① 水辺緑地帯率(明神の森、北側対岸の森)
  ② 水際線の変化率
  ③ 汀線の景観(堤体が自然形状か人工物か)
  ④ スカイラインの景観
     (樹木:自然形状、田畑:半自然形状、人工物の場合は人工形状)

*動植物に関する写真などは、ここにあります。
前の文書へ 寺田池の水質と動植物 次の文章へ