2018/11/18 「08/25 寺田池天体観望会」の報告

一覧に戻る

上記、スライドには、BGMがあります。
万一、音量が大きい場合は、パソコンのボリュームで、調節をお願いします。

8月25日(土)寺田池協議会は、加古川宇宙科学同好会(KSS)の皆さんのガイドにより、兵庫大学及び中島芝生広場にて天体観望会を実施しました。
参加者は約260名。

同好会のインストラクターの指導を受けながら、先ずは大学内の教室で、約15年ぶりに地球に接近する火星のお話などをクイズを交えて、わかり易く、子供でも理解できるように教えていただきました。
その後、中島に移動し、大きな天体望遠鏡で実物を観望しました。
月、火星、土星、金星が一列に並ぶ様子に感動しました。

また、ブルーシートに寝転んで生のプラネタリュームをガイドしていただくなどとても贅沢な気分でした。
中島とはいえ、寺田池の上の芝生広場に寝転んで夜空を見ることは、多くの参加者にとってはじめてであり、貴重な体験だったのではないでしょうか。